プロバイダを解約するとひかり電話はどうなるか

プロバイダを解約するとひかり電話はどうなるか

順序を間違えると大変なことになります。ですから、仕組みをしっかりと知っておく必要があるということです。インターネットを利用するにあたって、プロバイダーを解約するということがあります。この時、先に解約だけしてしまうと、今までの資産が失われることがあります。ホームページなどの資産です。ですから、次に移行する会社との契約をしてから行うということになるでしょう。また、旧ページにおいて、移行の連絡をしておく必要があります。アドレスなども変更になることがあるからです。いきなり解約をしてしまっては、全く使えない状態が生まれてしまいます。
そこで気になることとして電話の問題があります。現在IPタイプを利用しているというとき、解約したとしたら利用ができなくなるのかです。光タイプも利用することができなくなるのかということです。こちらについて、通話そのものができなくなるということはないです。IPタイプに関しては利用することができないことになりますが、次に移行する会社において新たに契約をすれば、利用することができることになります。空白期間を作りたくないというのであれば、一時的に契約がだぶることになりますが、それによってIPタイプも継続して利用できます。
よく間違えるのは、光タイプの契約についてです。これはプロバイダの契約とは別物ですし、提供会社も別になります。請求される時にすべて一本で記載されることがあるので勘違いをしてしまうことがあるようです。ある部分だけを解約した場合、その部分の請求だけがなくなって、別に継続して利用している場合は料金が発生することになります。つまりは、光回線のみの契約が残ってしまうこともあるということです。契約するときにまとまっていますが、解約自体はそれぞれで行なえます。またそれぞれで行う必要があるということです。いつまでも知らない請求が来ているということがないようにする必要があります。移行をするときは計画的に行い、請求書のチェックもします。